肌の透明感を上げる化粧水とは…

透明感を引き出すためには、美白効果と保湿効果が必須…

色が白くて毛穴の目立たない陶器のような肌が人気となっていますが、陶器肌づくりに一番大切なのは透明感です

外出中などに浴びている紫外線によるダメージでメラニン色素が大量に発生してしまうと、肌の色がくすんできて全体的にトーンが暗くなってくる上に、シミやそばかすの原因になります。

肌の透明感を引き出すためには、食事内容の改善や血行を良くするといった方法もありますが、効果的な成分が配合された化粧水を使って毎日のお手入れすることで、透明感ある肌作りが可能になります。

日頃使っている化粧水にはさまざまな成分が配合されていますが、肌のキメを整えたり美白などに役立つ化粧水にはどのような成分が含まれているのでしょうか。

美白に役立つ化粧水の成分…ビタミンC誘導体は予防と解消に有効!

肌の透明感を引き出すためには、美白効果と保湿効果が欠かせません。

ですから毎日使用する化粧水には、これらの働きがある成分が配合されていることが条件

になります。

美白に役立つ化粧水の成分にはいくつかの種類がありますが、大きく分けるとできてしまったシミなどを解消するタイプと、今後シミなどができないように色素沈着を防ぐタイプがあります。

そのため、美白化粧水の選び方としては、現段階での肌がどのような状態なのか把握しておくことが大切になり、それに応じて化粧水を選んでいきます。

できてしまったシミを解消するタイプで人気が高いのは、ハイドロキノンです。

ハイドロキノンにはメラニン色素の合成を抑える働きがあり、高い漂白作用があるためシミを薄くしていくのに役立ちます。

ビタミンC誘導体も多く利用されていて、通常の状態では吸収しにくくなっているビタミンCを効果的に取りこめるようになっていて、色素の沈着やメラニンの生成を抑える働きがあります。

ビタミンC誘導体は予防と解消の両方のタイプに配合されていて、相乗効果で美白作用を高めています。

美白作用のある化粧水は継続して使う事が大切…!

予防タイプで人気があるのは、アルブチンです。

実はハイドロキノンとブドウ糖が結合してできたものがアルブチンです。

ハイドロキノンは肌に対する刺激が強いのですが、アルブチンは刺激が緩和されているので、肌が敏感な方にも使いやすくなっています。

透明感を出すためには継続して使う事が大切です。

美白作用のある化粧水は刺激がある場合もあるので、続けられるかどうかあらかじめパッチテストを行って確認しておきましょう。

化粧水の付け方ですが、肌に過剰な刺激を与えた場合も色素が沈着してしまうことがあるため、適量を手またはコットンに取ってゆっくりと浸透させていきます。

透明感を出すためには乾燥対策も重要なので、お風呂上がりや洗顔後などはできるだけ手早く化粧水を付けてください。


※30代の方の化粧品ランキング⇒http://xn--30-df3c52n9mc775h.xyz/


このページの先頭へ